埼玉の名産草加煎餅が人気の草加屋

煎餅

皆さんは、お茶を飲むときにはおせんべいを食べることが多いでしょうか。
海外では、おせんべいのことを(ライスクラッカー rice crackers)と言うそうですね。
そんなおせんべいのなかでも、草加せんべいのできた由来には諸説があるそうです。

有名なものは、
・ 江戸時代の日光街道の宿場町、草加宿に茶店を開いていたおせんさんが、お店に合った団子を平らにつぶして、対応で天日干しをして、それを焼いた餅が日光街道を通る旅人に好評で、おせんさんの名前を元に、お煎餅と呼ばれるようになった。
というそうです。

そんな草加せんべいを、製造と通販をしているのが、草加屋さんです。
こちらのお店のおせんべいには、昔ながらの草加せんべいももちろんありますが、
そのほかにも、
・ 東京の雷門などの下町の景色が描かれた缶に入った、ハート型のひと口で食べられるせんべい。
・ ピリッとした辛さが好きな方にお勧めしたい、黒胡椒の効いたおせんべい。
・ おせんべいを、サラダ味などに味付けをしてうすく焼いた、うす焼。
など特色のあるおせんべいも、製造販売をしています。
海外から訪れた方やお世話になった人への贈り物として、草加屋さんの草加せんべいを差し上げれば、とても喜んでもらえると思いますよ。

投稿日: